<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


お客様の家完成見学会のおしらせ

こんにちは。スマイルハウスより見学会のお知らせです。
12月1日(土)2日(日)の2日間お客様の家完成見学会を開催します。
ご家族のコミュニケーションを大切に考え互いの気配を感じられる温かさのあるお家が完成しました。
○o*o・○o*o・。○o*o・。○o*o 見学会のお知らせ ○o*o・。○o*o・。○o*。○o*o
施主様のご家族へ思いと工夫がいっぱい。見所満載の見学会です。

当日会場では素敵なプレゼントをご用意してご来場をおまちしております。
御家族みなさまでご来場下さい。ご不明点がございましたら、電話0263-27-9910 スマイルハウスまでご連絡ください。
社員一同心よりおまちしております!!

*たくさんのご来場ありがとうございました。

[PR]

スマイルハウス、セイブより即売会のお知らせです。

こんにちは。スマイルハウスより見学会のお知らせです。
11月23(祝)24日(土)25日(日)の3日間波田町社宮司、安曇野市穂高、広丘吉田にて即売会を開催します。
スマイルハウスの全面リフォームで中古住宅が新築同様に生まれ変わりました!
○o*o・○o*o・。○o*o・。○o*o 即売会のお知らせ ○o*o・。○o*o・。○o*。○o*o
中古住宅の気になる水廻りや床や壁もリフォーム済みでとってもきれいです。
*波田町社宮司会場
*安曇野市穂高会場
*広丘吉田会場

御家族みなさまでご来場下さい。ご不明点がございましたら、電話0263-27-9910 セイブまでご連絡ください。
社員一同心よりおまちしております!!

*たくさんのご来場ありがとうございました。

[PR]

by smilehouse | 2007-11-21 15:44

取引形態(態様)と手数料・・・・その②

ホームアドバイザー山崎よりバトンタッチ。賃貸住宅事業部の佐野です。
前回の話題から引き続き取引形態(態様)と取引手数料の注意点についてご案内いたします。
a0100521_1001391.gif


最近では『売主につき手数料不要!』などと記載されたチラシも多いので、ご存知の方も多いかもしれませんが、同じ物件を購入する場合であっても売主から買うのと仲介業者を通して買うのでは手数料の分だけ、購入諸費用の金額が変わる事になるので注意が必要です。
たかが3%とお考えの方もいるかもしれませんが、3000万円の物件を購入の場合3%は90万にものぼります。
消費税等を含めますと(3000万円×3%+6万円)×消費税1.05%=1.008.000円です

単純に経費の削減となる方法を選びたくなるのが人情なのですが、取引相手によっては、『必ずしも経費が安く済めば良い』とはかぎらない取引もあります。
a0100521_1021526.gif

資金繰りに窮している取引相手の場合は、仲介業者は単に仲介役としての機能のみならず取引の安全を確保する監査役としの機能や、一定の金融仲介機能を果たしているようなケースもあります。また個人が売主となるケースなどではなくてはならない存在となることもあります。
用途制限・抵当権・所有権・占有者・瑕疵等、後になって取り返しのつかない事態を招きかねません。不動産の購入は、物件選びだけでなく購入方法もよく検討しベストな方法をとることが大切です。


姉妹会社不動産会社の㈱セイブでは、最新の物件情報を常時700件以上ご案内しております。
また、ご希望の土地(建物)はセイブのセットワークからご提案させていただきます。売りたい方、買いたい方、土地を活用したい方・・・㈱セイブへお気軽にご相談ください。

株式会社セイブ http://www.seibunet.jp/

[PR]

セイブより即売会のお知らせ

こんにちは。スマイルハウスより見学会のお知らせです。
11月10日(土)11日(日)の2日間松本市平田、松本市浅間温泉にて即売会を開催します。

○o*o・○o*o・。○o*o・。○o*o 即売会のお知らせ ○o*o・。○o*o・。○o*。○o*o

2階建て5構造の家三蔵奉仕の家、家族のだんらんと健康を大切に考え11の習慣が自然に身につく工夫が一杯の家シネマ三蔵モデル即売会、ご家族お揃いで御来場ください。
三蔵奉仕ってどんなお家?そんなお客様のご来場もおまちしております。
ご不明点がございましたら、電話0263-27-9910 セイブまでご連絡ください。
社員一同心よりおまちしております!!


*たくさんのご来場ありがとうございました。

[PR]

取引形態(態様)と手数料

こんにちは!ホームアドバイザーの山崎です。今回は不動産の売買に関する豆知識をお伝えしたいと思います。
a0100521_1637034.gifa0100521_16373145.gif

みなさんは取引形態(取引態様)という言葉をご存知でしょうか?
宅地建物取引業法では、不動産業者が物件を消費者に紹介するときは、必ず取引の形態(態様)を伝えければならないとされています。
取引の形態(態様)には次の3種類があります。

1、売主
2、代理または復代理
3、媒介(仲介)

『売主』と『代理』については、直接の取引となるので、仲介手数料は不要ということになります。「代理」とは、不動産業者が売主から代理権を受けて販売することなので、その不動産業者と契約を結べば、売主と契約したのと同じ効果を持ちます。

「媒介」の場合は、売主と買主との間を取り持つだけ。重要事項の説明や売買契約書の作成などを行いますが、買主と直接契約を結ぶことは出来ません。契約の相手は、その不動産業者ではなく売主になります。この場合、契約が成立すれば、その不動産業者に宅地建物取引業法に定められた「媒介報酬(仲介手数料)」を売主と買主の双方が支払うことになります。

媒介報酬(仲介手数料)は、取引物件の価格に応じて、次のとおりその上限が定められています。
200万円までの取引・・・・5%
200万超~400万までの取引・・・4%
400万を超の取引・・・3%

ほとんどが400万円を超える物件なので算式は

土地売買代金×3%+6万円
というのが一般的です。したがって、売主と買主、合計ひとつの取引で6%の仲介手数料が発生するということになります。

通常、別途に消費税がかかります。総額表示の義務付けられた今では少しややこしい表示になっていたりもしますので不動産広告をよく見てチェックしてください。
広告の記載方法はばらつきがありますが、必ずどこかに「取引の形態(態様)」が明記されているはずです。
不動産売買に関することは専門知識が必要な事が多くあります。ご不明点はお気軽にご相談ください!

[PR]