こんにちわ。工務の斉藤です。

夏も終わり、朝が肌寒くなってきた今日この頃です。この季節になると台風が多くなってきますね。
そこでやはり気になるのが上棟するときの雨です。この季節の天気予報は本当に当てになりません。そこで私は天気の降水確率のことを少し調べてみました。今まで私は降水確率とは降り具合かと思っていたんですが少し違うみたいです。
当然ご存知の方も多いかと思いますが降水確率は「降り具合」ではなく「確率」だということ。
例えば30%だと同じような天気を100回なったうち30回は降ると予想されているみたいです。
当日になってもザンザン降りでも100%にはならないかというと・・・
やはり雨がやむ可能性があるからです。

ちなみに天気予報の当たる確率は85%だとか

[PR]